• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 15437
  • 公開日時 : 2019/05/07 10:59
  • 印刷

カーネルのアップデートを実施したい場合どうしたらいいですか?(専用サーバー)

カテゴリー : 

回答

開通時にお客さまにサーバーをお引渡しした状態では、カーネルパッケージはアップデートされないように設定しております。

こちらの設定はお客様にへ変更いただくことが可能です。

カーネルパッケージのアップデートが必要な場合、 必ず各OSベンダーの適用手順等の情報および、専用サーバーまたはSoloの「ご利用の手引き」の両方をご参照の上、お客さま責任にて実施ください。

 

【重要】ベーシックモデルをご利用の場合

ベーシックモデルにてLinux系OSをご利用の場合、カーネルのアップデートを一定数以上実施されると、ベースカーネルが削除されます。

ベースカーネルにはRAID 構成を司るモジュール(megasr)がハードコードされております。
ベースカーネルがサーバー内に存在しない状態でサーバーの再起動を行いますと、本モジュールの適用が無効化され、RAID 構成維持およびswap 領域維持について不具合が発生いたします。

開通時はカーネルが自動アップデートされない設定にて提供しておりますが、お客様にてアップデート時にカーネルも自動的にアップデートされる設定に変更されている場合、今後のアップデートの際に意図せず最新カーネルをダウンロードしてしまい、ベースカーネルが削除される事象が発生する可能性がございます。
ベースカーネルの消失を防ぐためにもカーネルを自動的にアップデートする設定は無効として頂くことをお奨め致します。

カーネルパッケージのアップデートが必要な場合には、RAID構成の維持のため、ベースカーネルが保持されるよう(削除されないよう)必ず「ご利用の手引き」をご参照の上実施ください。

万が一、ベースカーネルがサーバー内から削除されてしまった場合、弊社にて設定作業が必要です。
お手数をお掛けいたしますが、弊社テクニカルサポート窓口まで必ずご連絡ください。

テクニカルサポート窓口: solo-tec@arena.ne.jp
お問い合わせフォームはこちら

 

(専用サーバー)

アンケート:ご意見をお聞かせください