• No : 2650
  • 公開日時 : 2013/03/12 14:18
  • 印刷

コントロールパネルからダウンロードした、DNSキャッシュポイズニング対策済みのパッケージインストール後、namedのrestartでエラーが発生し、namedの起動に失敗します (SuitePRO V1)

回答

以下のエラーが発生する場合は、次の手順をお試しください。

エラー内容

Error in named configuration:
/usr/sbin/named-checkconf: error while loading shared libraries: libisccfg.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory
[失敗]

以下手順でエラーが回避できるかと存じますのでお手数ですがお試しください。

  1. コントロールパネルからRPMパッケージのアップデートを行う、若しくはサーバにSSHでログインし、yum update を実行する。
  2. RPMパッケージを最新にした後に再度、named のrestarをお試しいただけますでしょうか。
  3. なお、その後も同様のエラーが発生する場合は、以下作業手順をお試しください。

    SSHでログインし、rootになって以下コマンドを実行する。

    # cd /opt/package/FC3/

    # rpm -Uvh --force bind-9.2.4-30sp.i386.rpm bind-libs-9.2.4-30sp.i386.rpm bind-utils-9.2.4-30sp.i386.rpm 
    * 上記コマンドは1行で入力してください。

    # service named restart

    起動に失敗する場合は、以下のように再度bindのアップデートを実行してください。 

    # rpm -Uvh --force bind-9.2.4-30sp.i386.rpm bind-libs-9.2.4-30sp.i386.rpm bind-utils-9.2.4-30sp.i386.rpm 

    再度namedの再起動を行います。 

    # service named restart 

    よろしくお願いいたします。

(SuitePRO V1)